はり師、きゅう師及びあんま・マッサージ師の施術に係る療養費に関する受領委任制度への参加について

受領委任制度について

療養費の支給については、償還払い※1が原則ですが、本組合においては、はり、きゅう及びあんま・マッサージ師の施術に係る療養費の支給に際し、従来から代理受領※2の取扱いを行ってきました。

代理受領の取扱いは、これまで保険者ごとに行われてきましたが、全ての保険者共通の取扱いとして、厚生労働省によって同様の取扱いが制度化されたものが「受領委任制度」です。

本組合においては、平成31年4月1日から受領委任制度に参加します。

 

 

※1 被保険者の方が一旦全額を負担し、後日、組合に申請して一部負担割合分を控除した額の給付を受ける方法のことをいいます。

※2 被保険者の方は一部負担割合分の費用を施術所で支払い、施術師が組合員の方に代わって一部負担割合分を控除した額の給付を受ける方法のことをいいます。

 

平成31年4月1日からの取扱いについて

被保険者の方におかれましては、受領委任制度に参加する施術所で、医療保険(療養費)で定める施術を受ける場合は、これまでの代理受領の取扱いと同様に被保険者証を提示することにより、自己負担割合分の支払で済むこととなります。

なお、受領委任制度に参加していない施術師による施術に係る申請であっても、平成31年4月1日以後も当面の間は、過渡期の例外的な取扱いとして、これまでと同様に代理受領による支給を行う予定です。

ただし、従来の取扱いが認められなくなった後については、後日組合に組合員の方が療養費の支給申請を行い、償還払いによる給付を受けることとなりますので、施術所が受領委任制度に参加しているかご確認ください。

 

 

施術者の方へ 

平成31年4月1日以後の施術に係る本組合の被保険者の療養費支給申請について、受領委任の取扱いを希望する施術者様におかれましては、厚生労働省地方厚生(支)局に申請が必要となりますので、速やかにお手続きください。

なお、療養費支給申請書の提出先は「本組合 給付事務センター」で変更ありません。

(ただし、同制度に定められる審査委員会が設置されることとなった場合については、療養費支給申請書の提出先が「東京都国民健康保険団体連合会」となります。)

 

閉じる