高額療養費の多数該当とは?

高額療養費として払い戻しを受けた月数が1年間(直近12か月間)で3月以上あったときは、4か月目(4回目)から自己負担限度額が引き下げられます。

 

【70歳未満、旧ただし書き所得が210万円超~600万円以下の場合】

留意事項

  • 70歳以上の被保険者が外来分の一部負担限度額が適用される高額療養費については、多数該当の算出回数には含まれません。
  • 同一の医療保険者分のみでカウントされますので、協会けんぽから当組合に加入したときなどは、多数該当の月数に通算されません。
  • 多数該当は同一の被保険者で適用されますので、組合員として加入していた方が退職し、世帯に属する被保険者として資格取得して記号番号が変わったときなどは、多数該当の月数に通算されません。

 

 

閉じる