高額療養費等(70歳未満の被保険者)の所得区分決定に要する所得確認書類はいつ(所得年・課税年度)のもの?

療養する月の属する年の前年分(療養の月が1月から7月までの間の場合は前々年分)の所得を証明する書類(※)となります。

 

市町村民税は、各年1月1日から12月31日までの1年間の所得に基づいて税額を計算し、翌年の6月(通常)に課税するため、「所得のあった年」と「証明する年度(課税年度)」は1年ずれることとなります。

たとえば、平成30年度課税(非課税)証明書には、平成29年中における所得金額が記載されます。)下図を参照のうえ、お間違いがないようご注意ください。

 

(例1)

平成30年8月~令和元年7月に療養を受けた被保険者

(例2)

令和元年8月~令和2年7月に療養を受けた被保険者

 

 

 

閉じる