ジェネリック医薬品(後発医薬品)の利用促進について

ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、新薬(先発医薬品)と同じ有効成分を同量含んでおり、同等の効能や効果が得られると厚生労働省から認められた医薬品です。

新薬に比べて値段が3割〜5割程度安くなるため、同医薬品の普及により、一人ひとりの自己負担や本組合のような医療保険者の負担額等を削減でき、更には高齢化社会の進展により増大している国民医療費の抑制にもつながります。特徴やメリットをご理解のうえ、ぜひジェネリック医薬品をご活用ください。

ジェネリック医薬品が安い理由

新薬の開発には、成分の研究・開発から安全性が確認されるまでに多くの開発時間と多額の研究開発費を要します。それを販売するための広告宣伝費も、すべて新薬の価格に反映されてしまうため、新薬はかなり高価となってしまいます。

しかし、ジェネリック医薬品の開発は、特許期間経過後に行われるため、研究開発費の費用を抑えることができ、更に新薬として20年以上にわたって使用されており、効能・効果や安全性について既に実証されているため、承認までの期間も手続きも少なくてすみます。

そのため、価格は安く設定することができます。ただし、医薬品の価格が下がっても、自己負担額が新薬使用時と変わらない場合若しくは上がる場合もありますので、医師及び薬剤師とよく相談してください。

ジェネリック医薬品のメリット

  • 薬代の負担が減り、家庭での医療費の節約に役立ちます。特に、生活習慣病(糖尿病や脂質異常症など)の慢性疾患では薬代の自己負担額も高額となりますが、ジェネリック医薬品を使用することにより、低価格で適切な治療を無理なく続けられます。
  • 自己負担額を除いた薬代も皆さんの保険料又は税金等から支払われていますので、ジェネリック医薬品の普及により組合財政や、更には国の財政負担の削減へ貢献することができます。
  • ジェネリック医薬品は、薬剤の形状、におい、味などに改良が加えられ、子供や高齢者の方が飲みやすくなったものもあります。

ジェネリック医薬品を更に知っていただくために

  • 自分が処方された薬に相当するジェネリック医薬品については、医療機関や薬局で調べてくれます。なお、自分で調べたい場合は、日本ジェネリック医薬品学会が運営する「かんじゃさんの薬箱」というホームページなどで検索することができます。
  • ジェネリック医薬品を利用されていない方に対して、現在の使用薬とジェネリック医薬品との差額を記載したご案内を送付し、利用促進を図ることとしています。ご承知おきいただきますようお願いします。

ジェネリック医薬品を処方してもらうには

  • 処方箋の「後発医薬品への変更不可」欄に医師のサインがなければ、薬剤師との相談のうえ、患者がジェネリック医薬品を選ぶことができます。(ジェネリック医薬品が承認・販売されていない場合や、患者の疾病やアレルギー等を考慮して、医師が同医薬品への変更について差し支えがあると判断した場合は、処方又は調剤されません。)
  • 「ジェネリック医薬品お願いシール」を被保険者証(表面)に貼付のうえ窓口へ提示していただくことにより、同医薬品を希望する旨、簡易に伝えることができます。「ジェネリック医薬品お願いシール」は被保険者証と併せて配布しております。追加配布を希望される方は、関東事務所にご連絡ください。ご自宅又は会社に送付いたします。

メニュー

メニュー