肝炎ウイルス検査費用の補助

  • 解説
  • 手続き・届書
  • よくある質問
  • 解説
  • 手続き・届書
  • よくある質問

組合員及び組合員の世帯に属する被保険者が、肝炎ウイルスに感染した可能性があるため、病(医)院等で肝炎ウイルス検査(HBs抗原・HCV抗体)を受けたときは、その検査に要した費用の一部を補助しています。

補助対象者

次の事由により肝炎ウイルス検査を受けた30歳以上(年度末年齢)の組合員及び組合員の世帯に属する被保険者

  • 検査日から1年以内の健診結果において、GPTの値が36U/ℓであったため
  • 特別の事情により、肝炎ウイルスに感染した可能性があるため
保険診療によるものを除きます。

補助額

組合員・家族(被保険者)が病(医)院等で支払った額

(ただし、1事由につき2,000円を限度とします。)

補助金の支払

組合員の金融機関の口座に振り込みます。

申請書を受付後、内容を審査し補助額を決定のうえで翌月末日までに振り込みます。
  • 解説
  • 手続き・届書
  • よくある質問

メニュー

メニュー