治療用装具を装着したとき

  • 解説
  • 手続き・届書
  • よくある質問
  • 解説
  • 手続き・届書
  • よくある質問

病気やケガの治療のため、医師が必要と認めたことにより、治療用装具を装着した場合は、医師の意見書等とともに「療養費支給申請書」を提出することにより、装具購入費用(国の基準による算定額)から一部負担金相当額を控除した額を療養費として支給します。(装具分)

なお、ケガにより治療用具を装着したときは、ケガの原因、状況等を確認させていただくため「療養費支給申請書」に併せてケガの原因を「組合員負傷届」(※家族の方についても同様。)等によりご提出してください。

支給対象となる治療用装具は次のとおりです。

支給対象となる主な治療用装具 対象外のもの
(病気やケガの治療上必要となるもの)
  • 関節用装具
  • コルセット
  • サポータ
  • 9歳未満の小児弱視等治療用の眼鏡、コンタクトレンズ
(日常生活や職種上装着したもの、美容目的のもの)
  • 眼鏡(9歳未満の小児弱視等治療用を除く)
  • 補聴器
  • 人口肛門用ペロッテ(受便器)
  • 松葉杖
  • 症状固定後の義肢(修理費用も対象外)
  • 美容目的の義眼

生血の輸血を受けたときの血液代金、運搬費用も療養費の支給対象となります。詳しくはよくある質問の「生血の輸血を受けたとき」をご確認ください。

  • 解説
  • 手続き・届書
  • よくある質問

メニュー

メニュー