特定健康診査・特定保健指導

  • 解説
  • 手続き・届書
  • よくある質問
  • 解説
  • 手続き・届書
  • よくある質問

内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)の該当者と予備群を減少させるため、下記の被保険者を対象として特定健康診査及び特定保健指導を実施しています。

本組合の取組状況は「第二期特定健康診査等実施計画」「平成27年度実施結果」のとおりです。

特定健康診査(特定健診)

イラスト

対象者

毎年4月1日現在、本組合に加入されている方で、その年度において40歳〜75歳になる被保険者(特定健康診査受診日に75歳未満の方に限る。)

4月2日以降に本組合に加入された方に対しても受診券を送付しますが、制度上特定健診の対象者ではないため、特定保健指導の対象者にはなりませんのでご承知ください。
人間ドック、特定健康診査、生活習慣病健診及び事業主診療所(室)健康診断(生活習慣病健診)の補助のうち、いずれかの健診につき年度内1回の補助となります。(平成28年度から)

ご家族の方で、パート先等の勤務先の健康診断を受けた方

特定健康診査・特定保健指導は、各保険者において実施率の目標達成に努めることとされているため、パート先等における健康診断結果を問診票と併せて、関東事務所あてご提出いただきますようご協力をお願いします。

特定保健指導

イラスト

対象者

特定健康診査の結果や問診票から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防が必要と判断された方

  • 解説
  • 手続き・届書
  • よくある質問

メニュー

メニュー