胃内視鏡検査費用の補助

  • 解説
  • 手続き・届書
  • よくある質問
  • 解説
  • 手続き・届書
  • よくある質問

胃内視鏡検査を受けたときは、その検査に要した費用の一部を補助しています。

補助対象者

組合員及び組合員の世帯に属する被保険者であって、50歳以上の偶数年齢(年度末年齢)の方。

ただし、前年度に補助を受けていない場合は、奇数年齢であっても補助対象とします。

(前年度が補助対象の場合に限ります。)

平成29年度は、偶数年齢(年度末年齢)の方のみが対象となります。

補助対象となる検査費用

組合の補助による人間ドック、生活習慣病健診、胃検診及び海外勤務者健康診断において、胃内視鏡検査(食道及び十二指腸を含みます)を受けることにより追加料金(胃部エックス線検査との差額)が発生した場合となります。

ただし、検査中に発見された潰瘍・ポリープの切除等の保険診療扱いとなる場合や、治療目的で受けた検査は補助の対象外となります。

補助額

年度内1回、1人につき3,000円を限度とします。(胃部エックス線検査の直接撮影と胃内視鏡検査費用との差額が対象となりますが、間接撮影による胃部エックス線検査のみ実施している健診機関の場合、間接撮影の検査費用との差額になります。)

補助金の支払

組合員の金融機関口座に振り込みます。

申請書を受付後、内容を審査し補助額を決定のうえで翌月末日までに振り込みます。

組合直営の医療施設での胃内視鏡検査

厚生中央病院(東京都目黒区)中部健康管理センター(名古屋市東区)及び関西健康管理センター(大阪市中央区)で胃内視鏡検査を受けたときは、1人につき補助限度額の3,000円に達するまで窓口での支払いを免除します。(3,000円を超える部分については自己負担となります。)

  • 解説
  • 手続き・届書
  • よくある質問

メニュー

メニュー