別添 糖尿病重症化予防等の個人情報共同利用について

個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)では、個人情報の第三者への提供は、原則として事前に本人の同意を得ることとされておりますが、個人情報を特定の者と利用目的等を定めたうえで共同利用する場合については、法律上第三者提供にあたらないこととされています。

そのため、加入事業主とコラボヘルスの一環として実施する生活習慣病の重症化予防事業について、下記のとおり利用目的、利用範囲、利用項目を定め、個人情報の共同利用として実施させていただきます。

この内容についてご不明な点がある方あるいは同意できない旨のお申出等につきましては、下記担当までご連絡をいただきますようお願いします。

1 共同利用の目的・事業内容
保健指導又は治療を要すると考えられる以下の被保険者等に対する保健指導・相談又は受診勧奨を実施するため、健診結果に基づく有所見者リストを利用すること。
特定保健指導が必要と判定された方
健康診断結果等により生活習慣の改善が必要と思われる方
糖尿病の対策が必要とされる方
高血圧の対策が必要とされる方
脂質異常の対策が必要とされる方
2 共同利用データ項目
「1 共同利用の目的・事業内容」に記載した被保険者等に係る被保険者証記号番号、検査項目等を記載した名簿
 
3 共同利用の範囲、管理責任者
本文「5」、(5)に定めるとおり。
 
4 共同利用の管理
データ提供の方法、担当者等を別途定めたうえで実施します。

お問合せ先

全国土木建築国民健康保険組合 保健事業部 健康推進課

TEL 03-6850-6484

メニュー

メニュー